Nゲージ専科

<<  2007年 3月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
引越しを致しました。
07/19 10:11
新京成8000形が完…
09/23 11:26
新京成8000形再び…
06/24 14:49
キハ125系を製作し…
05/17 04:36
南武支線205系を作…
05/11 22:40
最近のコメント
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 15:08
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 14:26
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 15:10
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 15:21
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:51
最近のトラックバック
日南線 キハ40形
09/27 20:16

キハ22 700番台。

 今回は久々に車両製作をしてみました。製作してみた車両はGM製キハ22北海道色です。(今回の画像は全てクリックするとポップアップします。)
 
 このキットは塗装済み一体ボディの構成が特徴で、最近はおなじみの形態ですね。じつはこの構成のキットを組むのが今回初めてで、しかもひさびさの車両工作と言うこともあって、若干苦労しました(特に細かいステッカー等)。

 キットはいつも通り説明書通りに組み立てました。説明書の図が大きく分かりやすいので迷うことなく少しずつ進めることが出来たので良かったです。ただ、側面のドア開閉表示灯にクリアーレッド、そしてトイレの窓には裏から白を筆で入れて見ました。ちょっとしたアクセントにはなったかなと思います。

・キハ22小特集(?)・

*爽やか塗装のキハ22 2連
キハ22 ①  キハ22 ②

キハ22 ③  キハ22 ④


*過渡期には見られたかもしれないキハ54との競演
キハ22 ⑤  キハ22 ⑥

 編成が自由に楽しめる気動車の面白さを改めて実感しました。
Bトレ&N車両 | 投稿者 r-31 22:37 | コメント(0)| トラックバック(0)

モジュールレイアウトを進めました。②

 前回は地形の塗装を紹介しましたが、今回は更に塗装を進めて、そして渓谷の川の作成や、背景板の塗装をしてみました。今回は背景板の塗装と渓谷の塗装等について書いてみたいと思います。(今回の記事はクリックすると全てポップアップします。)

・渓谷の作成。(下のように進めてみました。)

川岸に建築模型用のレイアウトストーンを並べました。固定には木工用ボンドを使用しました。
渓谷①
         ↓
石の固定が出来たら、今度は川底を塗装しました。塗装には前回のようにアクリル絵の具を使用しました。真ん中あたりを濃い目に塗り、端っこの水深の浅い箇所は白っぽい青で塗りました。また、水跳ねが起こりそうな箇所は筆に白をつけ、たたくように塗ってみました。
渓谷②
         ↓
川の塗装と同時に渓谷の塗装も前回のように進めました。
渓谷③
         ↓
川の塗装が完了しましたら、川の水の部分を再現してみました。今回使った材料は、画材屋さんのアクリル絵の具のコーナーにおいてあったジェルメディウムという艶出し&保護剤です。メディウムは粘性が高いので筆でたたくように置いてみました。初めは乳白色ですが、乾燥すると透明に成るようです。それと同時にアクリル絵の具で背景も書いてみました。
渓谷④
         ↓
メディウムが無事乾燥しました。
渓谷⑤

・背景板を塗装。(下のようになりました。)

山肌が無い駅の部分の背景板がそのままだと少し寂しく感じたので、先ほどのような感じで背景を書いて見ました。スタイロフォームにそのまま書いたので、凹凸に絵の具がなじむ様水分を少し多めにしてみました。それと同時に地面の着色も進めてみました。
背景板。

 塗装もだいぶ進んできたので、パウダー作業等にも徐々に入って行きたい所です。
モジュールレイアウト | 投稿者 r-31 16:53 | コメント(4)| トラックバック(0)

山の着色を開始しました。

 前回は地形製作を行ってきましたが、今回は地形の着色を行いました。(画像はクリックするとポップアップします。)

 着色するにあたって今回はアクリル絵の具を用いた筆塗りで作業していきました。
 
 色は大きく分けて茶色系と灰色系の2つを用い、これで土の部分と岩の部分を塗っていきます。

 まず、土の部分を塗っていきました。なるべく白い部分をなくすように水を多めにし、しみこませるように塗布していきましたが、水を多くし過ぎると表面がふやけてきてしまうので注意が必要でした。なお、ところどころで色や濃さを変えて画一的にならないように気をつけてみました。

 次に岩のところを塗装して見ました。石らしさを出すためにあえてところどころ白い部分を残し目に塗布するために刷毛をたたいたり、左右に大きく動かすように塗って見ましたが、破けないように弱目に行いました。これもところどころまだらになるようにしてみました。

 そのような具合で塗って見たのが下の画像です。
山⑧

 今のところ塗装が全て終わっていない状況なので今後も塗装を進めて地面の塗装にも入って行きたい所です。
モジュールレイアウト | 投稿者 r-31 06:21 | コメント(0)| トラックバック(0)

モジュールレイアウトを進めました。

 昨日行って来たレイアウトに大いに刺激を受けたのでしばらく止まっていたモジュールレイアウトを進めました。
 今回は山岳線らしくするために山の作成を行いました。(今回の画像はクリックすると全てポップアップします。)

 山の作成を行うにあたっていろいろな方法を試してみました。
 

①薄い発泡スチロールを何段も重ねて山にしていく方法。
山①


②丸めた古新聞をテープでまとめた物を芯にして山にしていく方法。
山②


③大きな発泡スチロールをカッターで切っていき、山の形に仕上げる方法。
山③
この方法は、まずカッターで大体の大きさにカットした後、山肌に縦に切れ目を入れていくような切り方で表面を削っていくとそれらしくなります。

 ①~③の方法で試してみましたが、一番作り易かったのは③の方法でした。ただ、発泡スチロールのカスが大量に出るので掃除は大変でした。なのでその場その場で使い分けていくのがいいかもしれません。

 大体の形が出来たら、次は1:1で希釈したボンド水(木工ボンド使用。)を山の上に刷毛で塗っていき、その上にティッシュを貼っていってより山らしくしていきました。ティッシュを貼った後にもボンド水をしみこませていき、より密着させるとよさそうです。
 なお、ボンド水を作り方は、空きのペットボトルに水:ボンド=1:1の割合でいれ、ふたをした後、ぺットボトルを縦によく振ると出来上がります。

山④

 次に橋が架かる箇所を仕上げました。今回は地形が複雑なので、芯を作らず、シワシワにした新聞紙を山肌のように貼って行くハリボテ工法(?)を行いました。新聞紙を貼った後は先ほどと同じようにティッシュを貼っていき、それらしくしました。


山⑤
         ↓
山⑥
         ↓
山⑦


 現在のところここまで作業が進行している状況です。これからは地面の着色やパウダー、バラスト撒きに入っていきます。
モジュールレイアウト | 投稿者 r-31 15:36 | コメント(0)| トラックバック(0)

番外編~習志野のサンスポーツに行って来ました。

 今日は千葉の習志野に有るサンスポーツと言う貸しレイアウト屋さんへ行って来ました。
 ここの貸しレイアウト屋さんはテニスクラブの一角に併設されていると言う面白いお店で(テニスクラブと同じお店です。)、レイアウトは山岳線で構成されているのが特徴です。
 ここはHOとNの2つのゲージのレイアウトが設置してあり、今回はNゲージの方を使用させていただきました。(今回の画像は全てクリックするとポップアップします。)

サンスポーツ④

サンスポーツ①

サンスポーツ②

サンスポーツ③

 大きいところから細部までシーナリーにこだわったレイアウトで色々と参考になりました。自分でもいずれモジュールレイアウトの続きをやらなきゃなぁと感じた一日でした。
鉄道等 | 投稿者 r-31 23:59 | コメント(0)| トラックバック(0)
①ほびぃたいむ(虫様のサイト)         ②VIVANAGOYA(ジュンツー様のサイト)          ③pradoトワイライト様のブログ              ④彩雲鉄道(彩雲様のサイト)                  ⑤AVAF鉄道研究記録(AVAF様のブログ) ◎新blogはこちらです。
ホビダス[趣味の総合サイト]