Nゲージ専科

<<  2007年 3月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
引越しを致しました。
07/19 10:11
新京成8000形が完…
09/23 11:26
新京成8000形再び…
06/24 14:49
キハ125系を製作し…
05/17 04:36
南武支線205系を作…
05/11 22:40
最近のコメント
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 15:08
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 14:26
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 15:10
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 15:21
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:51
最近のトラックバック
日南線 キハ40形
09/27 20:16

モジュールレイアウトを進めました。②

 前回は地形の塗装を紹介しましたが、今回は更に塗装を進めて、そして渓谷の川の作成や、背景板の塗装をしてみました。今回は背景板の塗装と渓谷の塗装等について書いてみたいと思います。(今回の記事はクリックすると全てポップアップします。)

・渓谷の作成。(下のように進めてみました。)

川岸に建築模型用のレイアウトストーンを並べました。固定には木工用ボンドを使用しました。
渓谷①
         ↓
石の固定が出来たら、今度は川底を塗装しました。塗装には前回のようにアクリル絵の具を使用しました。真ん中あたりを濃い目に塗り、端っこの水深の浅い箇所は白っぽい青で塗りました。また、水跳ねが起こりそうな箇所は筆に白をつけ、たたくように塗ってみました。
渓谷②
         ↓
川の塗装と同時に渓谷の塗装も前回のように進めました。
渓谷③
         ↓
川の塗装が完了しましたら、川の水の部分を再現してみました。今回使った材料は、画材屋さんのアクリル絵の具のコーナーにおいてあったジェルメディウムという艶出し&保護剤です。メディウムは粘性が高いので筆でたたくように置いてみました。初めは乳白色ですが、乾燥すると透明に成るようです。それと同時にアクリル絵の具で背景も書いてみました。
渓谷④
         ↓
メディウムが無事乾燥しました。
渓谷⑤

・背景板を塗装。(下のようになりました。)

山肌が無い駅の部分の背景板がそのままだと少し寂しく感じたので、先ほどのような感じで背景を書いて見ました。スタイロフォームにそのまま書いたので、凹凸に絵の具がなじむ様水分を少し多めにしてみました。それと同時に地面の着色も進めてみました。
背景板。

 塗装もだいぶ進んできたので、パウダー作業等にも徐々に入って行きたい所です。
モジュールレイアウト | 投稿者 r-31 16:53 | コメント(4) | トラックバック(0)
①ほびぃたいむ(虫様のサイト)         ②VIVANAGOYA(ジュンツー様のサイト)          ③pradoトワイライト様のブログ              ④彩雲鉄道(彩雲様のサイト)                  ⑤AVAF鉄道研究記録(AVAF様のブログ) ◎新blogはこちらです。
ホビダス[趣味の総合サイト]