Nゲージ専科

<<  2008年 3月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最近の記事
引越しを致しました。
07/19 10:11
新京成8000形が完…
09/23 11:26
新京成8000形再び…
06/24 14:49
キハ125系を製作し…
05/17 04:36
南武支線205系を作…
05/11 22:40
最近のコメント
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 15:08
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 14:26
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 15:10
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 15:21
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 16:51
最近のトラックバック
日南線 キハ40形
09/27 20:16

北総公団7150形。

 さて今回は北総公団線で以前まで活躍しておりました7150形(北総公団線に入るまでは京浜急行線の車両でした。)を製作しましたのでこの車両について記事を書いてみようと思います。(今回の記事中の画像はクリックするとポップアップします。)

 この車両はクロスポイント製品の塗装済み板キットでして、グリーンマックス製品のエコノミーキットをそのまま着色した感じのキット構成でした。私は今回初めて塗装済み板キットを組んだのですが、普段の板キットと違いまして車両を箱組みする時に接着剤が外側にはみ出ないように接着剤を塗布する量に気を使わなければならなかったり、瞬間接着剤を使えないので車体強度を上げることに悩んだりと少し戸惑いましたが、細かい窓サッシやHゴムまで塗装されておりましたのでテンポ良く作業が出来たり、板状の段階で窓セル貼りが出来たりと塗装済み板キット特有のメリットもありましたので楽しくスムーズに作業できました。今回は基本的に説明書通りに素組みしましたが、Hゴム断面もHゴムと同色で色を入れたり、パンタを塗装したりと少しだけ手を入れたところ、より自分好みにする事が出来ました。なお、今回のように塗装済み同士のパーツを接着する時に気になる接着剤のはみ出しですが、最後につや消しクリヤーを吹き付ける事である程度はリカバリー出来ますのでお勧めです。

・7150形ギャラリー・

7150形 ① 7150形 ②

7150形 ③ 7150形 ④

7150形 ⑤ 7150形 ⑥

7150形 ⑦ 7150形 ⑧

 元々このタイプのデザインの車両は以前から好きだったのですが、さっぱりとしたカラーデザインを身にまとったこの車両はより好きになりそうです。どうやら自分は白や銀色のベースカラーに青系統のライン等が入っているデザインが好みなのかもしれません。
Bトレ&N車両 | 投稿者 r-31 20:03 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
①ほびぃたいむ(虫様のサイト)         ②VIVANAGOYA(ジュンツー様のサイト)          ③pradoトワイライト様のブログ              ④彩雲鉄道(彩雲様のサイト)                  ⑤AVAF鉄道研究記録(AVAF様のブログ) ◎新blogはこちらです。
ホビダス[趣味の総合サイト]